TOEIC BridgeでTOEICの準備を

TOEIC BridgeでTOEICの準備を

多くの企業が採用の条件などに定めているTOEICのスコアですが、最初からTOEICを受けるには少し敷居が高いと言う人もいるのではないでしょうか?そこでお薦めするのがTOEICを受けたいと考えている人の為に作られた、TOEIC Bridgeと言われるものです。

 

 

 

読んで字の如く、TOEICの為の架け橋という意味であり、英語による基礎的なコミュニケーションや能力を評価するものとなっています。TOEICよりも優しく、受けやすい試験として日本でも随分と浸透しています。

 

 

 

 

TOEICの試験の場合には、問題数が筆記とリスニングを合わせて200問、時間は120分となっており、実はこの試験問題数と時間のバランスがTOEICの試験対策の中でも難しい部分だと考えられており、TOEIC Bridgeの場合には100問60分と設定されています。

 

 

 

つまりTOEICの前に行う予行練習と考えるとよいでしょう。もちろん筆記とリスニングの出題形式もTOEICの半分となっており、TOEICを受験しようと考える人にとって試験内容や時間配分、出題問題に慣れることが出来る機会となるでしょう。

 

 

 

もちろんTOEIC BridgeでもTOEICのようなスコア形式で結果が出るので、TOEIC Bridgeで500以上のスコアが出せるようになったらTOEICに挑戦するという人も多いようです。英語の習得には欠かせないものとなっているTOEICですが、まずはこのTOEIC Bridgeを目標に毎日の勉強を進めていくのも良いのではないでしょうか。