TOEFLによる英語力の測定

TOEFLによる英語力の測定

日常会話を主としているTOEICに比べて、もっと細かく英語を使う場面を考えて実施されている試験をご存知ですか?主に海外留学をする人向けに作られたものであり、語学留学などの際に大学の構内などで必要となる知識や能力をつける為に、読む、書く、聞く、話すといった4つの技能を総合的に測定することが出来るものとなっており、この試験をTOEFLと言います。

 

 

 

試験内容としてはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングとなっており、TOEICに比べると問題数が多く、試験時間も長いのですが、実際の海外での生活を想定した問題の内容を見てみるととても充実していることに驚くでしょう。

 

 

 

語学留学を考える上では重要な試験であり、このTOEFL対策をすることによって留学先で使用する英語力をつけることが出来るのです。

 

 

 

イギリスやアメリカ、カナダやニュージーランドなど様々な国々で基準とされているので、TOEFLでスコアを伸ばすことが出来れば十分な英語力がついたと言っても過言ではないでしょう。またTOEFLの場合に英語に関する知識をどれだけ知っているかよりも、どれだけ応用して使えるかに焦点が当てられているので、ネイティブの生活により密着した英語力を身につけることが出来るのです。

 

 

 

TOEICと同じように合格、不合格ではなく、スコアで表示されるので、自分のレベルを確認出来るとともに、海外留学や移住の際の適正テストとしても活用出来るのではないでしょうか。ネイティブにより近づく為に英語力を磨くならば是非一度は受けておきたい試験となっています。