日常英会話とビジネス英会話

日常英会話とビジネス英会話

企業の求人欄などを見ると、英会話に関する条件などには日常会話レベルと書いてあることがよくあります。この日常会話レベル、実はものすごく幅広い感覚で捉えられているんですよね・・・。

 

 

 

一般的にはやはり日常英会話よりもビジネス英会話の方が特殊な言い回しや普段あまり使わないような単語が出てくる為難しいと考えられています。ですが、普段の生活の中で英語を話すことがない日本人にとってはどのくらいのレベルなのか疑問に思う人も多いことでしょう。

 

 

 

一般的に日常会話レベルと言えば、多少の文法や単語のミスがあっても海外の方とコミュニケーションが円滑に取れるレベルなんだそうです。TOEICならば600点ほどのスコアが日常会話レベルとされており、これを高いと思うのは低いと思うのかは人それぞれでしょう。

 

 

 

職種によって求められる分野の違いなどもありますが、やはりコミュニケーションを円滑に図ることが出来るというのが最低の基準となっているのかもしれません。とは言え、実際に採用されれば、業務の中でも英語力を伸ばすことが出来るので、自分のレベルが達していなくとも挑戦することが大切であり、この挑戦によってさらに英語力を伸ばすことが出来るのではないでしょうか。

 

 

ビジネス英会話に関しても、業種によって必要な言い回しや単語などが違ってくるので少しづつ覚えて行けばよいでしょう。日常会話レベルと言われた時には、相手が英語で言ったことに対して的確に答えることが出来るレベルと押さえておくとよいでしょう。