日本語の英語

日本語の英語

私達は普段の生活の中で日本語を話しながらも英語を交えて会話をしていることがよくあります。OLが代表的な例ですが、和製英語なんてものもあり実際の英語にはない単語なんかもあるので、これらの単語を英語に活かしても海外の人には伝わらないことがあるんですね。

 

 

 

またマンションやヒップなど英語にある単語でも日本人が思っている意味とは違うこともあります。この認識の違いも英語を勉強する上で、どうしても邪魔になってしまいます。英語だと思って使っている単語はありませんか?もしあったら、一度辞書などで調べてみるとよいでしょう。また気になる単語などがあればその都度辞書を使って調べてみると良いでしょう。

 

 

 

最近ではインターネットなどを使って簡単に調べることが出来るので活用するのも良い方法ですね。そしてこういったことを繰り返しているうちに、実際ネイティブが使っている単語の多くが日本人が中学や高校で学習する単語ばかりだということに気づくはずです。

 

 

 

ネイティブの会話をゆっくりと丁寧に読み解いて行くと、会話の内容が見えるレベルにほとんどの日本人はいます。あとは会話の早さや音に慣れることによって会話を理解する力は身につくので、リスニングやヒアリングの学習を重点的に行うと理解出来るようになるんですね。

 

 

 

日本人は日本語を当たり前のように日常の中で使い、日本語の音に慣れてしまっているので、日本語にはない音が多く登場する英語には少し苦手意識を感じてしまっている人も少なくはありません。まずは日本語と英語の違いについて知ることが重要なのではないでしょうか。