英語力を測るTOEIC

英語力を測るTOEIC

最近多くの企業が採用条件の基準としているのがTOEICと言われる英語力を数値化したものであり、自分の英語力を測るのならば一度は受けて見るべきではないでしょうか。

 

 

 

国際コミュニケーション能力テストの通称であるTOEICですが、基本的には英語を母国語としない人の為の試験であり、英語によってどのくらいコミュニケーションを図ることができるかを検定する為のものとなっています。

 

 

 

TOEICの特徴としては試験問題の80%がリスニングやリーディングの問題となっていて、文法などを中心に勉強してきた日本人にとっては難関とも言われています。

 

 

 

TOEICの場合、高い点数を取る為の鍵となるのが英語のどの部分を重点的に勉強するかであり、TOEICの試験内容の大半を占めるのがリスニングやリーディングに関する問題となります。つまり、この部分を徹底的に鍛え上げることによって飛躍的にスコアが伸び、日本人の大半が中学、高校と10年近い年月を英語の学習に費やすのですが、その学習内容と言えば机の上で単語や文章を読み解くことばかりであり、日常会話やビジネス会話に応用出来るほどのリスニング力を身につけることは出来ないことからTOEICの試験対策をすることで聞く力や話す力を伸ばすことが出来るのです。

 

 

 

今後の日本社会の中でもTOEICによって英語力が測られる可能性があるのですから、ビジネスの場でも通用する英語力を身につける為にもTOEICのスコアを伸ばすことが、日常会話やビジネス会話で通用する英語力を身につける近道なのではないでしょうか。