TOEICによって自分のレベルを知る

TOEICによって自分のレベルを知る

TOEICの試験対策を始める前に、自分の今の英語力の位置を確認することで勉強をスムーズに進めることが出来ます。
位置確認としては、一般的な日本の小学生レベルを1として、ほぼネイティブと言って良いレベルを7としています。レベル7ともなればニュース番組などをほぼ理解して英語から日本語に日本語から英語に完璧に訳すことが出来るんだとか。とは言えここまでのレベルに達するには元々それなりのレベルにいることが条件となりますね。基本的には中学校から義務教育の中で英語を勉強する日本人には本当の英語初心者はいないのではないでしょうか。

 

 

 

 

日本人の比率として一番多いのが、中学、高校の英語教育で初歩的な英語に関する知識があり、普段の会話の中に英単語を交えて会話が出来るレベルだそうです。これがレベル3とされています。

 

 

 

ここから200点ほどアップさせることが出来ればレベル5となり、日常会話が出来るレベルとなります。日本の企業が求めているTOEICのレベルがだいたいこの辺りと言ってもよいでしょう。海外の企業などになるとレベル7を求める厳しい企業なども存在します。このレベルとなると海外留学や移住経験があればある程度の高い点数が取れるのですが、やはり日本にいながらにしてネイティブのレベルになるには努力と時間がかかるようですね。

 

 

 

自分のレベルを知ることがこのより高いスコアを出す為には必要不可欠なことであり、それによって勉強法を見つけることが出来るのではないでしょうか。